2017-11-09

ネット10日間繋がらず (近況)



暖かな日

引越し  と
仕事のラフ
息子の入試はどうなる事か
とか 色々ありますが
運命に委ねます

明日は国立で打ち合わせして
ラフ描きに戻ります!
引越しに伴い プロバイダーを変え
パソコンのネットが10日くらい使えず 
21日に光が繋がります
電話番号は変わりません
仕事で使っているicloudアドレスは変わらず 携帯に直ぐ入りますのでご心配なくです* 
近所への引越し  19日から住みます

個展のお礼状がまだお送りできず
11月中にはかならずー!(。・ー・。)

藤野はあと半月ほどで冬将軍が到来しそうです




成都でみたこねこ


たまらん笑顔  ^ - ^髪型  可愛かった

おもちゃ屋にも かわい子ちゃん^^



絵本に描きたい^^








松田さんのトーク会 ジュンク堂

池袋ジュンク堂書店
『月イチ賢治の会』
編集者松田素子さんのトーク会に
ゲストで参加しました

京都からお越し下さった 朗読家の
栗山かおりさんが『セロ弾きのゴーシュ』を朗読し ジャズピアニストの方が演奏して下さいました。
朗読で聞く物語は 私が描いた絵の紙芝居を見ながらも 
さらに映像が浮かび上がり
音楽で情景や空気までも変わり
新鮮な体験でした  
私はラフスケッチと 松田さんが息子へ下さったお礼のお手紙を持って行きました
松田さんは色々と話を振って下さったけれど緊張のため
あまり話せず~ お許しを!
松田さんは 残り時間のカンペを出されても 時間オーバーになっても 笑顔で
濃い内容をきっちり楽しくお話され
とっても面白かった!
当時 打ち合わせの時も 毎回仕事の裏話をして下さり力になりました

その後のサイン会も お一人づつお顔が見れて 話しかけて下さったり 
ありがたかったです
セツの先生をされていた
ニット作家の黒木葉子さんが来てくれて驚きました*
久しぶりにお会いできて嬉しかった
黒木さん 絵本まで買ってくれました
遠くからお越し下さったみなさま
松田素子さんをはじめ、ミキハウスの佐藤部長、ジュンク堂京都店の高木さん、池袋店のみなさま、
全農協の大久保さん
この様な素敵な機会を
本当にありがとうございました!
改めて 宮沢賢治のゴーシュと
皆さまとのご縁に感謝します*






2017-11-06

シーゲル堂inFujino ☆wシゲオ展覧会

藤野駅前、シーゲル堂にて
西村繁男さんと シゲホニャラカさんの
コラボ展覧会を開催中です。
1000円のくじで
西村繁男さんの原画が当たりましたー
嬉しいっ。このどんぐり、
顔が飴やフライパン、金魚鉢などになってる。ヘンテコリンでかわいい。
アトリエに飾らせていただきます。
ありがとう!シゲホニャラカさん


友だちも4人か5人原画が当たったらしいので、今は当たり商品に原画は少ないかな。ハズレは お二人のプロマイド、、、危険すぎますが…
原画入り腕時計や 音の出る
西村繁男キャラクターぬいぐるみもあります。

写真に撮り忘れましたが
シゲホニャラカさんの 電気オブジェも
ものすごく素敵です。
私はダンボールスピーカーを
うちの子に迎えました。iPhoneに繋げられます。
音の出る作品。


11月末まで。金土日しか開いてないのでご注意ください。
シーゲル堂の後は藤野の温泉に
浸かってゆっくり紅葉を愉しみ
おかえりくださいね。

2017-11-05

成都へ行きました

中国の成都へ行って来ました。
パンダもたくさん観て来ました!
この日は雨。雨もへっちゃらで木の上。
食っちゃー寝 のパンダたち、
木の上が大好きみたい。


もう一箇所のパンダの写真が、、


石川えりこさん、編集者さん方と。

画家の木下 晋さん 
『はるばあちゃんのて』
中国の本屋さんにありました。

ボタ山さんも!


動物画家の夏目さん
来年、中国語版の絵本ができるそうです。


この本屋さんはカフェも隣にあり オシャレでした。
お土産にパンダのエコバッグ購入。


石畳の道  成都から車で1時間の町
市場が面白かったです。



チベット方面、イ族の近く
濾定という町までも
車で4、5時間移動し、一泊で行きました。
写真がたくさんあるので
ゆっくりアップします。

今は仕事がんばります。



2017-10-29

『飛ぶ魚』御礼


ご無沙汰してしまいました。
『飛ぶ魚』のさとうあや展では
遠く真鶴まで たくさんの方がお越し下さいました。
初めてお目にかかる方や
せっかく来てくださったのに
在廊できず お会いできなかった方々
懐かしい友だちや 
お世話になってた方々
仲良しの友人知人も
観に来て下さり嬉しかったです!
本当にありがとうございました。
お礼状を後ほど、住所のわかる範囲でお送りいたします。
絵本や絵を持ち帰って下さった方々にも深くお礼申し上げます!

『飛ぶ魚』の作田さんと 丹さんには
たいへんお世話になりました。
感謝いたします。

これからも いい仕事ができるよう
日々精進します。***( ̄(工) ̄)♡


2017-10-06

ぴりかちゃんのブーツ!刊行しました

福音館書店のショーウィンドウに
ぴりかちゃんを飾っていただき
ありがとうございます!




家でも飾って
ぴりかちゃんに話しかけたりしています

初めての自作おはなしと絵 が
こんな頭でっかちネコのお話になるとは
5年まえには想像もしませんでした

福音館書店 T編集者さん S編集長
童話第2、販売部のみなさま
デザイナーの丹羽さん
飛ぶ魚の 元こどものとも編集長 作田さん
印刷会社のみなさま
本当にありがとうございました 
やはり
読んでくれたこどもたちが楽しんで
ホッコリしてくれたら こんなに嬉しい事はありません
かつてのこどもたちも ぜひ
見かけたら 読んでみてください!
どうぞよろしくお願いいたします

つぎに取り掛かっています

今日は雨降り
みなさま風邪をひかないよう気をつけてくださいね



2017-09-20

源氏物語 読み始めました

昨日は角田光代さんと池澤夏樹さんの対談「千年読み継がれる源氏物語とは何か?」へ行きました。
興味深かった。
「訳を進めるうち、源氏物語は運命やカルマとは何か?を書いているのでは …」と角田さん。
早速読み始めたらサクサク読めて面白いです。
美しい装訂。


角田光代さんが1冊だけお持ちのサイン本は、池澤夏樹さんの本だそう。
お二人のサインが並んでいる分厚い源氏物語、汚さないように読み終えたい。
池澤さん「文体が決まれば、後は毎日(肉体労働を続け)前へ進むしかない。蟹を食べる時のようにチビチビと」
絵本を描くときと似ているなぁと思いました。


日本人に馴染み深く 情感豊かな人気のある古典文学を
現代語に訳する作業は
相当なプレッシャーや
面倒くささ
命を縮めるほどの
大変な作業ではなかろうか
と想像しました
肝心なストーリーを大切にして
他は(敬語や謙譲語 階級 など)ばっさり切り捨てる、と角田さんは言ってましたが
原文に忠実、話の順番も変えてはないそうです
そのおかげで眠くもならず
私のような人もサクサク読めそう
一度読んだきりの源氏物語』でしたが

光源氏には興味がないけれど
また読んでみよう
と言う気持ちになれたのは
お二方のおかげです